ドコモのお天気アプリの屋久島の気温はおかしい件。

  • 2019.03.16 Saturday
  • 21:43

JUGEMテーマ:〜屋久島の旅〜

  
ドコモのお天気アプリの屋久島の気温はおかしい

(2019年3月現在)

 

太忠岳に登った日(3/13)は多少暑かったものの風が強かった。

昨日(3/15)の縄文杉は雪!
両日のドコモの最低気温2度という予報も決して悪くなかったと思います。
しかし、本日は「最高気温7度、最低気温3度の予報」 どこの気温?!
宮之浦岳の頂上?!

 

おかげで、水に落ちて、岩の上で服を乾かす羽目になりました、おこ( ・᷅ὢ・᷄ )


----
さて、本日は8
時30分、尾之間でガイドの美屋久さんと待ち合わせて、蛇の口滝へ行きます。

お天気最高!(←ここで、この後に起こることに気が付くべきでした。)

朝一は、わけわかんないくらい脚が痛かったデス。

中一日開いたとはいえ、10時間トレッキングを2日(太忠岳・縄文杉)なので、
筋肉がブチブチにキレまくっているに違いないと思う。

蛇の口滝コースはでそんなにハードでないので、行けるであろうという、美屋久さんの温かいチョイス。

トレッキング慣れしてない女子のコンディションも予測してくれるあたりが、安心してガイドをお願できるゆえんです。

上を見上げると、南国ムード満載の木。
オオタニワタリがどうやってあんな高いところに(謎)
 
苔に水が滴り、うっ、美しい!
キラキラポツン!また、キラキラポツン!
 

蛇の口滝についたあたりで体力がなくなりつつありました、

問題は脚の痛さではななかったのです。
服装です!

本日は、「極暖+
トレッキングパンツ、エアリズム+極暖+夏用ロンT+フリース」。

暑い!
 
で、落ちました。
滝の前で、疲れたと思って腰かけた岩から、ころりん!
水の中に落ちた時は、四つん這いだったので、手と足が水浸しですみました。

 

岩の上で、服を乾かしている間、ヤフーのお天気アプリを見てみてびっくり!

本日の最高気温18!!!!!!!

えっ! 私、最高気温7で服を調整してるんですけど!!

岩の上の体感は20度はある気がする。もしかしたらもっとあるかも!

極暖を脱ぎたいっ!っても脱げない!

ゆるされへん。ド〜〜コ〜〜モ〜〜〜!!

 

蛇の口滝は良いです。

IMG_2959.jpg

滝はさわやかで、気持ちがいい!

 

でも、落ちたことと、ドコモにだまされた感が強くて

滝の記憶が上塗りされてしまった。。。もったいない。。

ドコモのお天気アプリの屋久島の気温は信用してはいけません

 (2019年3月現在)
 
IMG_2984.jpg
靴も乾かし中!
チュックの中の、チョコは溶け溶けでした。

春雪の縄文杉

  • 2019.03.15 Friday
  • 22:04

JUGEMテーマ:〜屋久島の旅〜

3時半起き。。暗い(><)
 
2日前は無理やり朝ごはんを食べたのですが、
朝ごはんを食べない という選択肢があることに気が付き
朝ごはんは抜きで行きます。
(↑私には、これがめっちゃ良かった)
 
4時15分に、美屋久さんにピックアップしていただき、登山バス乗り場へ。
5時35分荒川登山口着
 
5時48分、しとしと降る春雨の中トロッコ道をスタート。
アップダウンはほぼなく、ひたすらとことこ歩きます(そもそも暗い)。
0118_original.jpg
 
ガイドのなんなんに、登山道や杉の説明をしてもらいながら小杉谷を過ぎ、
ウィルソン株着。おお〜、これがあのハートの切り株!
中に入ると ハート違う! 写真の角度があるらしいです(教えてもらった)。
なるほど〜〜〜。
0154_original.jpg
  
トロッコ道終了からは登山スタート。
「まず、最初の2分を頑張ってください!」
「階段が3つあります、頑張ってここを乗り切ってください」
なんなんの押したり引いたりの言葉で、無事、縄文杉に到着。
ガイドさんの登らせ力は凄い。感謝〜。
 
山に登る人ってスマートなので、私が本日の横綱であろうことは間違いない。
なんたって、人生最高体重〜♪
 
登りの途中、なんなんが「雨がみぞれになりましたね」と、
しばらくして、カーブを一つ曲がると雪に「縄文杉は雪ですね」と。。。
 
縄文杉デッキの手前で「ここからは足元を見て上がってください。
僕がいいと言うまで顔を上げないでください。」のアドバイス。
  
縄文杉はそこにありました。
この存在感はなんだろう。
ギュッと詰まった時間と、命。
3000年ずっとここで、日を浴びて、雨に当たり、風を感じながら
台風に耐え、雪を見て、誰も知らない頃から
悠久を生きてきたんだ。
これからもここで、時間を身の内に刻みながら
生きていくんだなと。
 
0207_original.jpg
わりと人が少なく、雪も降っており
感動要件ましましでここに来れてよかった。
ありがとう。またくるよ〜。私も頑張る。
と心でつぶやいて、帰路につきました。
 
IMG_2424.jpg
 
帰りは、あられのち晴れ!
雨、霙、雪、霰、晴の五象を経て、無事荒川登山口へ。
 
11時間22キロ。
なんなん、ガイドありがとう。
 
photo by:なんなん(後日、写真を入れてUP完了しました)

トレッキングOFFの日

  • 2019.03.14 Thursday
  • 20:29

JUGEMテーマ:〜屋久島の旅〜

 
3日目は、島を1周の予定で出発。
白谷再び ⇒ 一湊 ⇒ ながたのいなか浜 ⇒ 西部林道 ⇒ 屋久島自然館
 
白谷の二代大杉まで再度登って、大好きな白谷の空気をたっぷり呼吸。
IMG_2378.jpg
 
IMG_2383.jpg
  
一湊経由でながた浜へ。
夏の浜とは空の色も、浜の色も違って見える。
あと、2ヶ月くらいでウミガメが卵を産みに来る浜。
今は、人も少なくて(私しかいない)なんだかさみしい。
IMG_2402.jpg
   
西部林道。ヤクザルが日向ぼっこ。ヤクシカにもあえて満足!
IMG_2870.jpg
 
屋久杉自然館 縄文杉に行く前に訪れてよかった!
縄文杉の折れた枝が展示してあり、その大きさに驚く。
IMG_2404.jpg
 
明日は縄文杉。
まさか、人生最高体重で登ることになろうとは思わなかったけど。
昨日の太忠岳で、かな〜〜〜り、足が痛いけど。
ガイドのなんなんに、「どうしてもだめなら、引き返してもいいので行きましょう」と言ってもらって
本日は早めに寝る。
明日は、3時30分起き。4時15分お迎え。

ヤクスギランドから太忠岳

  • 2019.03.13 Wednesday
  • 23:06

JUGEMテーマ:〜屋久島の旅〜

 
朝、まだ暗いうちから起きだし、
フロントでお弁当をもらってガイドさんを待ちます。
 
ガイドは毎度お世話になっている 美屋久のなんなん
屋久島愛しすぎのなんなんはプロの写真家さん。
「いつの間に写しました〜?」な、超きれいな写真を撮ってくださいます。
 
屋久島の地理が全く分かってなかったので、ヤクスギランドと太忠岳と縄文杉をリクエストしたら
「太忠岳はヤクスギランドを通って行きます」と教えてもらって、本日は行きたかった2か所へ。
 
ヤクスギランドのつり橋
0004_original.jpg
 
森、木々に透ける朝日がキレイ
0024_original.jpg
 
屋久杉。切られなくて良かったね。まっすぐに伸びるたくましさ。
0030_original.jpg
 
そして、太忠岩。
0074_original.jpg
 
初めて屋久島に来た時から、この岩に来てみたかった。
風が強くて、雲が流れて行きます(標高1500mなので、雲が目の高さにもある)。
岩の上は、ふわんと暖かくて、いつまでもいたいような気になります。
  
岩の下で、お弁当タイム。
なんなんが作ってくれたお味噌汁の美味しいこと!
寒いので体に沁みていきます。
 
山を降り、沢を渡り、下界へ。
0110_original.jpg
 
シアワセな2日目終了。
明日は、トレッキングはOFFで、島回り予定。
ガイドさんに感謝。
 
PHOTO by:なんなん(写真は後日UPで完了しました)

3度目の屋久島、念願の一人旅

  • 2019.03.12 Tuesday
  • 23:56

JUGEMテーマ:〜屋久島の旅〜

降ってわいたような6日間休み。

まるっと屋久島の一人旅。

「ワクワク!」もうこの一言しか思いつかない!

 
朝7:15伊丹発の飛行機で鹿児島へ、

9:35に小さな飛行機に乗り換えて3度目の訪問になる屋久島に到着。
 
懐かしい空港。

屋久島JAC
  
  

空港近くで予約していたレンタカーを借りて、白谷雲水峡へ車を走らせました。
「バスとの離合がありませんように〜っ!」
運転しながら、心の中で呪文のように唱えます(^^;

 

3度目になる白谷雲水峡!
1
度目はガイドさんと良人、2
度目は良人と白谷を登りました。
今回は、一人。
 

幸せをかみしめつつ、自分のペースで好きなだけ苔を眺め、

水の音、水の冷たさ、陽に光る水、風の音、風の感触、

木の姿、木の形、緑のにおい、木漏れ日のきらめき

心ゆくまで味わいました。
ゆっくりゆっくり、木の声を聞きました。

幸せ!幸せ!幸せ!

 
 

初めて白谷に来た時に、小さな杉の芽たちが倒木の上にありました。
2
度目では、その杉が少し大きくなって、お兄さんになったねぇと思いました。
今回は、杉が茂って倒木の上で小さな森になっていました。

  

 
次回、来た時にこの小さな森はどうなっているんだろう。
倒木の上のスペースはは小さくて、何本もある杉の木がこのまま育って行くのは難しいと思う。
 
「また、白谷に来る理由を見つけた。」
 
森全体は変わらないけど、育っていく杉があって、台風で倒れた木もある。
全体からみると、わずかずつでも世代交代しながら森は生きてるんだな〜。

 

毎回、もってきたらよかった〜と思っていた ジブリ人形。

怖いくらい森に似合う。

 

誰もいない白谷小屋。。平日ってイイ!

 

こういう写真が撮りたかった↑
おとぎ話のようなきのこ。カワイイ!

 

白谷を満喫して、屋久島グリーンホテルへ。

久しぶりの車の運転。うまいじゃないか自分!

 

明日は、6時にガイドさんがお迎えに来てくれる。

縄文杉の予定を変更して、太忠岳に登る。

ガイドさんいわく「縄文は雨でも楽しいけど、太忠はピーカンのほうがよい」。

 

ガイドさん付きで高野山へ

  • 2018.04.09 Monday
  • 14:52

JUGEMテーマ:和歌山・高野山

 
昨日、東京からの客人と一緒に高野山へ。
おまいりとは違って、観光となりましたが、改めて高野山のすごさを体感してきました。
 
朝、8時30分に高野山着
 
180409_1.jpg
雪!! 4月8日に雪!!!
気温は1.5℃。。。めちゃ寒!
next10℃以下の予報が出ていたら、たとえ夏でも迷わずダウンコートを用意しましょう。
歩くので熱くなったら脱げるように、薄手の上着を重ねていきましたが、もう、めちゃめちゃ寒い!!
ダウンコートもってくればよかった(><)
高野山は寒いです。マジ、寒いです。修行です。
 
180409_2.jpg
10:30「生身供(しょうじんぐ)」 奥之院御廟橋手前の嘗試地蔵(あじみじぞう)の前。
 
180409_3.jpg
4月8日はお釈迦様の誕生日のため金剛峯寺では佛生会が行われ、いつもと違った趣が。
水の入った桶が並び、山門横には杉の葉が盛ってありました。
金剛峯寺のご紋は三つ巴と五三の桐。
 
180409_4.jpg
杉の葉で囲い結界をはってあります。
こちらもいつもは見られない光景。
甘茶のご接待をいただき、お釈迦様に甘茶を掛けてきました。
 
180409_5.jpg
金剛峰寺 蟠龍庭。
門を挟んで左側に雄龍、右側に雌龍がウェルカムと迎えてくれるお庭。
白砂は雲海。
 
180409_6.jpg
おぼろな太陽、桜、日本の春(でも気温は3℃)。
 
180409_7.jpg
御影堂 パンフレットや旅行雑誌でよく見る角度で撮影(^^)
ガイドさんのご指導によります。
 
---
ガイドさんは 高野山 高野山宿坊協会 でお願いしました。
トリップアドバイザーでがっかりなレビューがあったので、心配でしたが
案内して下さった、女性のガイドさんは
楽しく + しっかりした知識解説 + 配慮の行き届いた案内をしてくださいました。
  
勉強になった〜〜〜!!寒かった〜〜!
ガイドさんと歩く高野山、超お勧めです。

四国別格二十霊場 車遍路 1〜4番

  • 2018.03.25 Sunday
  • 22:41

JUGEMテーマ:お遍路

 
一昨年、四国88か所を打ち終えたので、
今年は別格二十霊場に、八十八か所とたして一〇八、煩悩の数。
 
お天気よし!
朝4時30分に大阪市内を出発。
淡路島で朝ご飯を食べ徳島県へ。
 
1番 大山寺
8時前に到着。
 
180325_1.jpg
※別格霊場のガイドは1番の大山寺で購入(1000円)。
山門の横に駐車場があります。
心を整えつつ階段を上ってお寺へ。
久しぶりの、お寺であたふたしつつ、おまいりをすませました。
別格はお数珠の玉を授かれます。
紫檀の数珠玉とツゲ珠をいただくことにしました。
 
next本堂に近い駐車場あります。
山門を左に見て、そのまま道を上がっていくと社務所の横にも駐車場あり。
 
--
2番 童学寺
9時着
 
180325_2.jpg
桜が綺麗。今日来てよかった。
 
180325_4.jpg
ちょうど1年前、本堂、庫裡が火災により焼失したそうです。
本堂の場所が整理され再建が待たれるところ。
 
木蓮が満開。池に映る姿が美しい。
 
--
3番 慈眼寺
11時着
 
道路から急な坂を上がったところに駐車場があります。
大師堂と寺務所は駐車場のお隣、ゆっくり休める椅子があるので一息ついて、
まずは太子堂におまいり。
 
180325_5.jpg
next本堂は・・・遠いです(ゆっくり登って15〜20分)。
山道です。休み、休み登ります。
穴禅定の入口へももこの道を通って行きます。
(穴禅定の修行はしませんでした。)
 
180325_6.jpg
4番 鯖大師本坊への途中にあった「灌頂ヶ滝」。
車の窓からは上部少ししか見えませんが、
降りてみるとなんとも美しい滝でした。
風が吹くと、滝が左右に揺れ、水煙が漂います。
階段の上り口の横の祠に竜神さまがお祭りされておりました。
 
next薬王寺(四国23番)の少し南にある道の駅でお弁当を買って、昼食。
 
--
4番 鯖大師本坊
14時30分着
180325_7.jpg
ネーミングがなかなかな鯖大師本坊。
駐車場横にお寺です。
大師堂と本堂にお参りした後、本堂の横にある「一願稲荷大明神」へ。
お願い事を一つお頼みできるお稲荷様です。
 
---
本日はここまで。
帰路の夕日。キレイ。今日のご褒美(^^)
180325_8.jpg
 
 
四国遍路の間も、その日の予定を打ち終えたら、なにかご褒美をいただいておりました。
八十八か所初日の焼山寺を打ち終えた時に、鶯の声を聞いたのを今も思い出します。
自然は美しいですね。

明日香 岡本寺にて

  • 2015.10.25 Sunday
  • 23:34
JUGEMテーマ:奈良の寺社仏閣
明日香 岡本寺にお参り。
午前中だけ大祭に御参りさせていただき、護摩の舞い上がる、力強い火に見入りました。
護摩木に書くことが思いつかず「世界平和」は大きすぎるか・・とか
「天下泰平」も大き過ぎるかなぁ。。とか。
(間違っても、「世界征服」とは書きません(^^;)

護摩木に書くお願い事が、年を経るごとにわが身のことはさておきとなってきました。
自分のことは自分で何とかがんばって、自分で何とかできないことをお願しようとしてしまいます。
これも欲ですよね。
今夜は一三夜なので、お寺の御庭に御月見の支度がしてあって、雅でとても素敵なのでした。

車お遍路 愛媛2日目 太山寺〜

  • 2015.10.11 Sunday
  • 21:12
JUGEMテーマ:お遍路
 
7時に太山寺へ。
そして圓明寺。ここのススキが好き。
ありがたいとか、パワーがあるとかそういったのではくて、
こんもり丸く、ススキが大変ススキらしく、元気だったもので写真撮りました(^^)
 
秋らしい・・・。

57番 栄福寺 「ぼくは坊さん」の本が売っていたので、???と思っていたのですが
栄福寺の、20代の住職がお書きになった本、映画化。
ちょっと見に行ってみようかなという気になってます。
 
カキの向こうのお寺が栄福寺。
 
62番宝寿寺は納経所にお昼休みがあります。
12時〜13時まで。
私が持っていたガイドブックには載っていなくて、
御参りがお昼になってしまったので、納経所があくのをしばし待ちました。

本日は三角寺を打って宿へ。
三角寺の境内には、桜が咲いていました。
十月桜と言うらしい。
春の咲き誇る桜もいいけど、まばらに咲くさくらもまた可憐でいいものです。
愛媛県・・山多かったです。長い道のりでした。

車お遍路 愛媛1日目 観自在寺〜

  • 2015.10.10 Saturday
  • 20:31
JUGEMテーマ:お遍路

大阪から対角線にある、観自在寺が今回のスタート。
昨夕、大阪を5時に出て、愛媛着11時30分。
大阪〜淡路〜徳島ルートで四国に入りました。
昨夜は、到着後20分くらいで夢の中〜。
疲れました。
 
朝、7時過ぎに観自在寺へ。

 
本日は、かなりの距離走ることになります。
観自在寺から龍光寺まで宇和島の海を見ながらトコトコひたすら走ります。
 
 
龍光寺は本堂と太子堂の間に、お稲荷さんがあるお寺。
良人が御朱印を頂いている間にお稲荷さんにお参りしましたのですが、
う〜〜〜ん、いい!(←井の頭ごろうさん風に)
良人にも御参りした方がよいよとすすめました。
そして、本日の難所、岩屋寺。。
山登りと聞いていたので、かなり覚悟を決めて、トレッキングシューズで臨みましたが。。
道、整備してあるです。大丈夫です。
しかし、上まで上がると・・ほっと一息。
よく、こんなところに・・・と思う切り立った岩。
自然にも感動するけど、ここで修業をするお坊さんたちにも感動。。
 
松山市内はテンポよく巡礼。
本日は石手寺を打って宿へ。
 
一日に感謝。